HOME > 講座案内 > 【札幌市立大学連携講座】 札幌の文化財をたどる<秋> ~大通公園の今むかし~

2018年07月25日

【札幌市立大学連携講座】  札幌の文化財をたどる<秋> ~大通公園の今むかし~

申し込み締め切り2018年07月25日

大通公園は、1871年に札幌中心部を南北に分ける火防線が作られ、これが後志通となり、改称されて大通となりました。公園には、さまざまな石碑や像が建てられているとともに、ライラックやハルニレなど92種、約4,700本の木々があります。芝生や噴水の周りでは、人々の憩いの場となっており、春はライラックまつり、夏はYOSAKOIソーラン祭りやビアガーデン、秋には北海道の職が集合するオータムフェスト、冬は世界的なイベントに発展した雪祭りと季節ごとに楽しめる場所となっています。その歴史は明治時代からさまざまな形を変えて人々の暮らしに寄りそってきました。この講座では、大通公園の今むかしといった公園の歴史と地域の関係を学ぶことを通して、さっぽろのまちの成り立ちや特徴について考えます。

※会場は「ちえりあ」ではありません。回により集合場所が異なりますのでご注意ください。
※本講座は、6月・9月・2月の連続講座として実施しています。各講座のみの受講も可能です。
※9月11日の現地見学は悪天候の場合、9月18日へ延期します。9月18日が悪天候の場合は中止となりますのでご了承ください。
※悪天候による中止は、前日に雨が降り歩行に影響があると判断をした場合と、当日9時の時点で大雨注意報及び警報が発令している場合となります。延期及び中止の連絡は当日の10時までにご登録の電話番号へいたします。


開催日時
9月4日~9月11日
毎週火曜
14時00分~16時00分
受講料
1,500円
回数
2回
定員
20名
会場
9月4日 札幌市立大学サテライトキャンパス(中央区北4西5)
9月11日大通公園(中央区大通西1)
単位
2単位
対象
一般市民
持ち物
筆記用具

カリキュラム

1回目
開催日2018年09月04日
内容札幌市の発展につながる大通公園の歴史
【会場】札幌市立大学サテライトキャンパス
講師札幌市市民文化局文化部文化財課 文化財保護指導員 松岡 洋一
会場札幌市立大学サテライトキャンパス
2回目
開催日2018年09月11日
内容大通公園探検
【現地学習】大通公園集合→資料を見ながら大通公園を歩きます。
※9月11日の現地見学は悪天候の場合、9月18日へ延期します。9月18日が悪天候の場合は中止となりますのでご了承ください。
講師札幌市市民文化局文化部文化財課 文化財保護指導員 松岡 洋一
会場大通公園集合

お問い合わせ先

札幌市生涯学習センター 学習企画係
電話:011-671-2311 FAX:011-671-2334

登録情報の変更や過去の受講履歴が確認できます。

利用者登録や講座の申込方法をご案内します。ご利用前に必ずごお読みください。

講座検索


検索

ジャンル