HOME > 講座案内 > 【ちえりあ学習ボランティア企画講座】 北海道空襲を語り継ぐ ~聞き取りから実態が明らかに~

2018年07月25日

【ちえりあ学習ボランティア企画講座】  北海道空襲を語り継ぐ ~聞き取りから実態が明らかに~

申し込み締め切り2018年07月25日

太平洋戦争末期の1945年(昭和20)7月14日、15日に、北海道は米海軍艦載機の攻撃を受け、札幌市も被害が出ました。
作家・菊地慶一氏は13歳のときに釧路で体験した空襲の記憶を胸に、戦後50年を前にして、全道市町村を歩き、遺族・目撃者に会ってまわり、『語りつぐ北海道空襲』を著しました。戦後65年、講師・山本竜也氏は、全道の犠牲者名を明らかにすべく、網羅的な資料調査を行い2638名の名簿を刊行し成果を出しました。
この講座では、人々の記憶やさまざまな記録から北海道空襲をまとめあげた二人の講師が、そのまとめ方や後世にいかにそれらを語り継ぐかをお話しします。


開催日時
9月1日~9月29日
※9月15日を除く
毎週土曜
10時00分~12時00分
受講料
3,600円
回数
4回
定員
30名
会場
札幌市生涯学習センター
(西区宮の沢1条1丁目1-10)
2階 中研修室1
単位
4単位
対象
一般市民
持ち物
筆記用具

カリキュラム

1回目
開催日2018年09月01日
内容北海道空襲とは
講師地方史研究家
山本 竜也
会場2階
中研修室1
2回目
開催日2018年09月08日
内容空襲被災地を尋ね歩く
講師作家
菊地 慶一
会場2階
中研修室1
3回目
開催日2018年09月22日
内容空襲遺族の戦後
講師作家
菊地 慶一
会場2階
中研修室1
4回目
開催日2018年09月29日
内容北海道空襲犠牲者名簿をつくる
講師地方史研究家
山本 竜也
会場2階
中研修室1

お問い合わせ先

札幌市生涯学習センター 学習企画係
電話:011-671-2311 FAX:011-671-2334

登録情報の変更や過去の受講履歴が確認できます。

利用者登録や講座の申込方法をご案内します。ご利用前に必ずごお読みください。

講座検索


検索

ジャンル