HOME > 講座案内 > サケから学ぶ北海道~乾燥石狩鍋ってなぁに?~

2018年08月25日

サケから学ぶ北海道~乾燥石狩鍋ってなぁに?~

申し込み締め切り2018年08月25日

「乾燥(干し野菜)石狩鍋」って知っていますか?
北海道遺産のひとつでもある「サケの文化」。余すところなく利用されるサケが北海道の食文化に与えた影響は大きいと言えます。
地域の伝統的な料理やふるさとの食文化が失われつつある一方、食文化の伝承や環境保全のための取り組みも各地で行われており、サケの料理の中でも、北海道を代表する郷土料理である「石狩鍋」が今、進化しています。
この講座では、「サケの文化」について学ぶとともに、伝え継ぎたい北海道の郷土料理としての「元祖・石狩鍋」と、防災食としても活用される、環境にやさしい「現代版・乾燥(干し野菜)石狩鍋」について学びます。北海道の代表的な郷土料理である石狩鍋を通じて、食べることの意味や役割、食と農の関係を学び、自分たちの暮らしや生き方について考えてみませんか。


開催日時
10月2日~10月16日
毎週火曜
※10月9日を除く
10時00分~12時00分
受講料
1,900円
材料費
500円
調理実習代
回数
2回
定員
20名
会場
1回目:2階 中研修室1
2回目:4階 家庭科研修室
単位
2単位
対象
一般市民
持ち物
エプロン、三角巾、手拭タオル

カリキュラム

1回目
開催日2018年10月02日
内容・サケの歴史、食文化
・北海道の伝統、環境を守っていくためには
~グループワークで考える~
・元祖石狩鍋と現代版石狩鍋
講師藤女子大学 人間生活学部
食物栄養学科
教授 菊地和美
会場2階
中研修室1
2回目
開催日2018年10月16日
内容【調理実習】乾燥石狩鍋を食べよう!
講師藤女子大学 人間生活学部
食物栄養学科
准教授 村田まり子
会場4階
家庭科研修室

お問い合わせ先

札幌市生涯学習センター 学習企画係
電話:011-671-2311 FAX:011-671-2334

登録情報の変更や過去の受講履歴が確認できます。

利用者登録や講座の申込方法をご案内します。ご利用前に必ずごお読みください。

講座検索


検索

ジャンル