HOME > 講座案内 > 【北海道大学連携講座】 世界をリードする北極域研究

2018年10月25日

【北海道大学連携講座】  世界をリードする北極域研究

申し込み締め切り2018年10月25日

北極域とその周辺地域では、シベリアの森林火災とPM2.5問題、北極海海上交通路の開発、天然ガスパイプラインの敷設、新たな漁業の展開、海底資源開発、気候研究や氷雪研究など南極以上に人間生活に密接に関連するテーマで世界的な研究活動が進んでいます。北海道大学では北極域研究センターを設立し、世界の研究をリードしています。人々が気候変動とどう向き合っていくのか、北極域の持続的な利用に向けて生活圏の維持・発展について市民的な感覚から考えることで、さらに成果を未来の社会に還元することができるでしょう。
この講座では、北海道大学総合博物館を見学し、北極域をイメージし、研究の現状と今後の課題に関する研究者の説明を受けながら、研究者と交流し、北極域研究の概要を学びます。
その中で、北半球に住む札幌市民として、ビジネスチャンスを考えたり、大学の研究活動を応援する気持ちになることが、産学官市民の連携で世界的な研究の推進に貢献することにつながっていきます。


開催日時
12月1日~12月22日
毎週土曜
14時00分~16時00分
受講料
3,600円
回数
4回
定員
24名
会場
12/1 北海道大学総合博物館
12/8、15、22 札幌市生涯学習センター
(西区宮の沢1条1丁目1-10)
2階 中研修室1
単位
4単位
対象
一般市民
持ち物
筆記用具 

カリキュラム

1回目
開催日2018年12月01日
内容いま北極で何が起こっているのか?北極域科学を紹介
~導入と海洋生態系などについて~
講師北海道大学
北極域研究センター
センター長 齊藤 誠一
会場北海道大学総合博物館
2回目
開催日2018年12月08日
内容気候変動と北極域の人々の生活
~陸上生態系や永久凍土などについて~
講師北海道大学
北極域研究センター
教授 杉本 敦子
会場2階
中研修室1
3回目
開催日2018年12月15日
内容北極の陸・川・海と利用
~自然環境とインフラ・物流・産業利用および資源開発などについて~
講師北海道大学
北極域研究センター
教授 大塚 夏彦 
会場2階
中研修室1
4回目
開催日2018年12月22日
内容北極域をめぐる国際関係-レジリエントな北極域社会にむけて
~国際政治と北極域について~
講師北海道大学
北極域研究センター
准教授 大西富士夫 
会場2階
中研修室1

お問い合わせ先

札幌市生涯学習センター 学習企画係
電話:011-671-2311 FAX:011-671-2334

登録情報の変更や過去の受講履歴が確認できます。

利用者登録や講座の申込方法をご案内します。ご利用前に必ずごお読みください。

講座検索


検索

ジャンル