HOME > 講座案内 > 【講師バンク活用講座】 災害時における企業の危機管理 ~BCP【Business Continuity Plan】業務継続計画のあり方~

2019年02月24日
先着順

【講師バンク活用講座】  災害時における企業の危機管理  ~BCP【Business Continuity Plan】業務継続計画のあり方~

申し込み締め切り2019年02月24日

9月に発生した北海道胆振東部地震とそれに伴う広域停電により、各企業でも対応に追われたことでしょう。
企業の危機管理のひとつに、災害等が起きたのちできるだけ速やかに業務を再開するための「BCP【Business Continuity Plan】(業務継続計画)」があります。いち早く業務が再開されることで、被災者である地域住民の生活の早期安定につながり、地域貢献となるばかりでなく企業の信頼度向上にもつながることでしょう。
この講座では、各地の災害現場の実情を知り、地域防災・減災のスペシャリストである講師から、災害時に企業はどうあるべきか、また企業人個人としてできることは何か、といった講義を行います。
それぞれの企業で扱う商品やサービスは異なりますが、どの企業にも共通する危機管理のエッセンスを凝縮してお伝えする講座です。


開催日時
2月25日 月曜
19時00分~21時00分
受講料
1,600円
回数
1回
定員
30名
会場
札幌市生涯学習センター
(西区宮の沢1条1丁目)
2階 中研修室2
単位
1単位
対象
一般市民
持ち物
筆記用具

カリキュラム

1回目
開催日2019年02月25日
内容・災害対応の実際
・各企業に求められる危機管理
・業務継続計画(BCP)とは
講師公益財団法人地震予知総合研究振興会
東濃地震科学研究所
主任研究員・医学博士
古本 尚樹
会場2階
中研修室2

お問い合わせ先

札幌市生涯学習センター 学習企画係
電話:011-671-2311 FAX:011-671-2334

登録情報の変更や過去の受講履歴が確認できます。

利用者登録や講座の申込方法をご案内します。ご利用前に必ずごお読みください。

講座検索


検索

ジャンル