HOME > 講座案内 > さっぽろ10区めぐり~清田区編~

2022年10月04日
先着順

さっぽろ10区めぐり~清田区編~

申し込み締め切り2022年10月04日

今年、札幌市は市制100周年を迎え、政令指定都市になって50周年です。現在の人口は約197万人(2022年2月)で、中央・北・東・白石・豊平・南・西・厚別・手稲・清田の10区からなっています。各区に特色ある自然、歴史、文化があり、それぞれの地域に詳しい「郷土史家」や「著名人」がいます。この「10区めぐり」は、そういった方々に関わっていただきながら、各区の歴史や文化について学ぶシリーズです。

シリーズ第8弾となる今回は『清田区』編です。
清田区は平成9年(1997年)に誕生し、「白旗山」「あしりべつ川」「平岡梅林」の3つを「清田区のシンボル」としています。皆さんも耳にしたり訪れたりしたことのある場所ではないでしょうか。清田区には縄文・擦文の頃から「鹿の道」などがあり、江戸時代にも大事な道がありました。明治になって日本初の馬車道が造られた地域でもあります。「あしりべつ」と呼ばれていたこの地が先人の工夫・努力によって「清田」と名付けられるほどの水田地帯となります。

このような地名の由来、歴史については、「あしりべつ郷土館」がホームページやDVDで区内の学校に提供しています。今回は水田・農村地区へと発展させた灌漑用水路「吉田用水」と用水を造った吉田善太郎を取り上げて、フィールドワークします。『吉田用水跡』は郷土史研究家の了寛紀明氏の指導であしりべつ郷土館の運営委員が初めてパネル資料やDVDにした最新の情報です。
知らなかった札幌の一面を再発見して、私たちの暮らしや地域を見つめ直すきっかけにしませんか。

※「あしりべつ郷土館」へは、徒歩・自転車・自家用車・中央バス(「清田小学校」「清田区役所」「北野中学校前」いずれかで下車後、徒歩6~12分程度)のいずれかでお越しください。
※「清田区役所」へは、徒歩・自転車・自家用車・中央バス(「清田区役所」「真栄」「平岡3条2丁目」いずれかで下車後、徒歩1~6分程度)のいずれかでお越しください。
※「あしりべつ郷土館」「北野第一公園」間は1km程度の距離です。


開催日時
10月5日、12日、19日
水曜
14時00分~16時00分
受講料
2,100円
材料費
0円
回数
3回
定員
20名
会場
あしりべつ郷土館
(札幌市清田区清田1条2丁目5-35 清田区民センター2階)
※2・3回目はまちあるき
単位
3単位
対象
一般市民
持ち物
筆記用具、動きやすい靴・服装、飲み物 ※必要に応じて汗拭きタオル、記念撮影用のカメラ等

カリキュラム

1回目
開催日2022年10月05日
内容■清田区の「目からウロコ」の話
講師郷土史研究家 了寛 紀明
ひろまある清田 川島 亨
会場集合・解散
あしりべつ郷土館
2回目
開催日2022年10月12日
内容■まちあるき①
「36線 旧道ウォーク」
・厚別神社
・清田小学校(駅逓)
講師郷土史研究家 了寛 紀明
ひろまある清田 川島 亨
会場集合・解散
清田区役所
3回目
開催日2022年10月19日
内容■まちあるき②
再発見!「吉田用水跡」調査
講師郷土史研究家 了寛 紀明
ひろまある清田 川島 亨
会場集合
あしりべつ郷土館
解散
北野第一公園

お問い合わせ先

札幌市生涯学習センター 事業係
電話:011-671-2311 FAX:011-671-2334

登録情報の変更や過去の受講履歴が確認できます。

利用者登録や講座の申込方法をご案内します。ご利用前に必ずごお読みください。

講座検索


検索

ジャンル