HOME > news/2022/kouza/ > 「食卓」からヒトと地球生態系を考える~ヒトと地球の健全な生き残り戦略~

2023年01月06日
先着順

「食卓」からヒトと地球生態系を考える~ヒトと地球の健全な生き残り戦略~

申し込み締め切り2023年01月06日

最近、人間の活動が地球に著しく影響を及ぼすようになってきました。その典型的な一例が地球温暖化です。その原因となる温室効果ガス(GHG (Greenhouse Gas)) の年間排出量はCO2換算で約5百億トンですが、その三分の一を「食」関連が占めます。飢餓人口約8億人の一方で、19億人以上の人が肥満と過体重で悩んでいます。さらに、世界中の成人はタンパク質摂取量を36%も過剰に消費し、全食料供給量の17%が食品廃棄物として捨てられています。
一方、日本の食料自給率はエネルギー換算(2020年度)で37%に過ぎません。換言すると、私たちの食料の63%は海外の土地と水を使い、フードマイレージ(食料の輸送距離)として大量のGHGを排出して生産されているのです。
本講座では、私たちは地球の限られた資源をワイズ・ユース(賢明な利用)により持続可能なものとし、「ヒト」と「地球」がともに健全に生き残るにはどうしたらよいのか、「食事」から学んでいきたいと思います。


開催日時
1月7日、14日、21日、28日
土曜
14時00分~16時00分
受講料
3,600円
材料費
0円
回数
4回
定員
30名
会場
札幌市生涯学習センター
(西区宮の沢1条1丁目1-10)
2階 大研修室
単位
4単位
対象
高校生以上の一般市民
持ち物
筆記用具

カリキュラム

1回目
開催日2023年01月07日
内容「食」が地球温暖化の主要因って本当?~地球温暖化と食との関係~
講師北海道大学北極域研究センター 名誉教授 
帰山 雅秀
会場大研修室
2回目
開催日2023年01月14日
内容びっくりドンキー@アレフが取り組む健全な食生活とSDGs
講師株式会社アレフ
広報担当
渡邊 大介
会場大研修室
3回目
開催日2023年01月21日
内容「食」をめぐる社会的環境
~地球から地域へ~
講師北海道大学高等教育推進機構 特任講師
肖 蘭
会場大研修室
4回目
開催日2023年01月28日
内容持続可能な食料生産とは?~有機農業の貢献を考える~
講師北海道大学大学院農学研究院 名誉教授 
波多野 隆介
会場大研修室

お問い合わせ先

札幌市生涯学習センター 事業係
電話:011-671-2311 FAX:011-671-2334

登録情報の変更や過去の受講履歴が確認できます。

利用者登録や講座の申込方法をご案内します。ご利用前に必ずごお読みください。

講座検索


検索

ジャンル